<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語オペラ 「午後の曳航」
スポレートで一年を通して一番大きいイベント。

「Featival dei Due mondi」二つの世界のフェスティバル)
クリックで公式サイトが見れます!

今年は明日6月18日(金)から7月4日(日)の17日間
毎日、芝居・オペラ・バレエコンサートなどなど・・・盛りだくさんで
150以上の公演をここスポレートで全て観ることができます。

今年の目玉は、日本語で上演されるオペラ「午後の曳航」。
三島由紀夫原作の小説に感銘したドイツ人作曲家・ハンス・ヴェルナー・ヘンツェが曲を提供し
ジョルジョ・フェッラーラ演出でオーケストラはイタリア国立放送交響楽団。

興味津々でしたが、ワールドカップが始まって
マルコはオペラより試合観戦に白熱中。
それに一番良い席のチケットは120ユーロ。
スポレート市民は20%オフなんですが、それでも結構いいお値段です。
何しろ、今年のパンフレットの表紙にも「午後の曳航」ってそれも日本語で・・・。
IMG_3303.jpg

諦めていたのですが・・・
一昨日になってこのフェスティバルの仕事をしている知り合いが
「本番前の関係者招待の公演があるんだけど、一緒に行かない?」とウレシイ突然のお誘い!
そして昨日、観に行って来ました!!!

舞台装置が個性的で、舞台演出は色や影に凝っているなぁと。
外国でイメージされている「日本」が感じられました。
女性ソプラノ歌手の衣装が着物をイメージしたもので
「素敵ねぇ~」「きれいねぇ~」と大評判でした。
キャストは主役(日本の方)以外は、ほとんどが韓国の方でした。

日本人としての個人的な感想は・・・本公演が終わってからに!

終了後には作曲家のヘンツェ氏
IMG_3301.jpg

演出家のフェッラーラ氏(このフェスティバルのトップでもあります。)が客席に!
IMG_3302.jpg

私の席から正面で写真が撮れずに残念!
終了後、テアトロの入り口付近でお喋りしていたら
私の所に、この演出家さんが来て
「君、日本人?」と言って話しかけてきてくれました。
良く分かっていない私が思ったのは・・・
「このおじさん、有名人・・・なんだよな???(-_-)ゞ゛ウーム」

ホントの事を言うと・・・
オペラに全然詳しくありませんが・・・m(_ _)m
また、機会があれば出かけて見たいなぁ。

関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
プロフィール

Kicca

管理人:Kicca

結構というか・・・L(・o・)」 かなり大人になってからイタリアに転居。
イタリア人の旦那とウンブリア州在住。身近に起きた楽しい事・面白い事などなど・・・私のイタリア~をお知らせしまーす。

カレンダー
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
イタリア時間と天気


にほんブログ村 海外生活ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
メールフォーム
Kiccaへのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。