<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアで暮らすには・・・「滞在許可証」!その①
イタリア国内の外国人在住者または長期滞在者に携帯が義務付けられている「滞在許可証」(Permesso di Soggiorno:ペルメッソ ディ ソッジョルノ)。この発行遅延が以前から問題になっている。

料金を払って申請しても、警察から発行通知が来ない。運良く発行されたものの有効期間が受け取った日の数日後だったり・・・。留学生などは受け取り日が帰国後だったり・・・もう、ムチャクチャ。
日本も最近は外国人が多くなったけれど、そんなの比較にならないほど、とにかくイタリアには移民が多い。政府もその管理やら何やら大変な事は確か。
それに輪をかけて、イタリア人の仕事に対する意欲でこのすごい数の許可証を片付けられる訳がない・・・し片付ける気もないと思う。(たぶん・・・(--;)> です。)

短期滞在の旅行で訪れていた頃は「滞在許可証」なんて聞いたこともなかった。
ペルージャ外国人大学への留学準備中にこのことを初めて知った。
まずは、日本から一年分の学費を払って、在日イタリア大使館で手続きをして、一年間の就学ビザをもらいイタリアに入国。
イタリアではその後、管轄の警察署(Questura:クエストゥーラ)で、滞在の為の許可「滞在許可証」を申請することになっている。私は、就学用で1回新規申請。そのあとコースを延長する度に2回更新し、3回とも運良く3ヶ月程で本物をゲットできた。
最後の更新の時に、窓口のおねえさんに結婚の予定があることを話すと、コースの期間に結婚準備期間としてプラス3ヶ月の許可証を発行してくれた。
イタリアでこんな親切に遭遇する事もあるんだ・・・と感動したっけ(;_;)
当日、一緒にマルコがいた事(イタリア人はイタリア人にとぉ~っても甘いのです!)とすでに家族と同居している内容の住民票も持っていたのでヨカッタのか???

実際には・・・結婚する場合には最後の就学用滞在許可証期限から更に6ヶ月間の猶予があると後になって知ったんだけど・・・。

昨年7月に結婚したので、今度は家族カテゴリーでの申請(就学からの更新)。

初めはスポレートのクエストゥーラに行ってみた。必要書類を書いたメモと更新用紙をくれた。
何かやけに提出書類が多いので、不安になって「移民サポート事務所」に行ったら
ブラジル人のお姉さんが「ここのクゥェストゥーラは良くわかってないみたいだからねぇ。改定されたのに、まだこの書類も出すように言ってるのよ~。私としては、直接、本局のペルージャで手続きした方が間違いないってみんなに勧めてます。」

それじゃぁ、ペルージャへ行きますか・・・・とその②に続く!
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
プロフィール

Kicca

管理人:Kicca

結構というか・・・L(・o・)」 かなり大人になってからイタリアに転居。
イタリア人の旦那とウンブリア州在住。身近に起きた楽しい事・面白い事などなど・・・私のイタリア~をお知らせしまーす。

カレンダー
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
イタリア時間と天気


にほんブログ村 海外生活ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
メールフォーム
Kiccaへのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。