<<05  2007,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験結果中間報告
試験の初日、文法の筆記テスト。これにパスしないと他の科目は受けられない一番大事な試験。
試験が終わって自信がないまま帰宅。イタリア人の友人に電話して覚えている範囲で答え合わせした。「え~それも?あ~これも?」とことごとく駄目出しされて落ち込み度数は上がるばかり・・・。よりによって今回は結果を大学のメイン掲示板に貼り出して通知すると言われてたので「落ちてる可能性が高いし、恥ずかしいから人の少ない内に行ってさっさと帰って来よう・・・。」などと思って言われた時間より早めに見に行った・・・・がまだ掲示されていない。他の生徒さんから「あと一時間後って聞いたよ」との情報で一時間後、また早めに掲示板へ。う~ん、まだだ・・・と待つ事10分。先生が結果の書かれた紙を持って走ってきた。「見たくないな・・・」と思ったけどそう言うわけにはいかないし・・・。先生とすれ違った時にポンと肩をたたかれた・・・どう言う意味だ???
あーーーーーーーーーあったよぉーーー私の名前!!!いい点ではないはずだけど合格してました。フゥーーー( ⌒ _ ⌒;) ツカレタ・・
翌日、「イタリア演劇文化 」の試験では授業の内容と一緒に日本の喜劇役者「榎本健一(エノケン)」と「藤山寛美」を紹介する準備をして行った。先生には「日本で一般の人々にとっての演劇はどういう位置づけ?」とか聞かれたりして・・・どうにかこうにか説明し試験は合格を貰いました。明日は3科目・・・どうなるんだろ???
とりあえず、途中報告まで。
スポンサーサイト
試験一週間前!
またあっという間に3ヶ月が過ぎ・・・今日から試験一週間前です。(なんか懐かしい響き!)今回は教科数が増えたので来週月曜日から金曜日まで毎日テストがあります。

月:文法(筆記試験)9:00am~12:00am
火:イタリア劇場文化史(口頭試験)4:00pm~
水:文法(口答試験)9:00am~
木:発音・音声学(筆記・口答試験)9:00am~1:00pm
  イタリア近代文学史(口答試験)4:10pm~
金:イタリア映画史(口頭試験)9:00am~ 

こんな感じです。口答試験は授業でやった事とネットで日本語の資料を集めて当日何について話すか準備中。はぁ~どうなることやら・・・。週末日曜日にはよりによって友人家族のFilippo(記事とアルバム参照して下さい!)の洗礼式にお招き頂いていて、式の後はお決まりの大お食事会。勉強は・・・無理かな・・・絶対無理!イタリアの友人家族の間では家族のフェスタを断ったり途中で失礼するなんて事はご法度です。でも優等生なわけでもないし・・・本音を言うと試験も心配なんだよね・・・トホホ
英語再開!
先週から英語の個人レッスンに行ってます。イタリア語のストレス解消と英語⇔イタリア語のスイッチを切り替える練習。教えてくれているのはイギリス人の女の子Becky。ペルージャの私立語学学校で英語を教えているそうです。レッスンのために色々と教材なんかを準備してくれて教え方も上手です。まだ始めてばかりで効果があるのか分からないけど・・・ペルージャに来てから9ヶ月振りに定期的に英語を話す機会ができて嬉しい!!!
イタリアで歯の治療
2週間ほど前から右の奥歯が痛くなりだした。かぶせてある一番奥の歯・・・疲れている時は寝ている間に歯ぎしりするくせがあって、これが続くと歯が炎症を起こす。時たま痛くなるこの歯には10年近く悩まされてきた。旅行に行くにもこの歯のために薬をもって行ったり・・・・・。
イタリアの医療システムは公立の病院か個人病院。私はこっちの「国民健康保険(年間保険料は約24,000円)」の手続きをしているので公立なら治療や検査はすべて無料!でも待ち時間が長いとか予約が取りづらい、はたまた公立の病院には良い歯医者がいないなどの風評があって個人病院行く人が多い。但し、保険が利かないので治療費は高額!
例に漏れず私も個人歯科クリニックへ。診察の後、「今日はレントゲン技師がいないからここのクリニック(レントゲン専門)に行ってレントゲンとって下さい。」と紙を渡され・・・そこで歯のレントゲン代40EUR(6,500円程)も払った。抗生物質を7日間、痛み止めとあわせて飲んだけど一向によくならない。翌週、レントゲンを持って歯医者に行くと「炎症起こしてるし歯がもうぐらぐらしてるから抜きましょう!」と・・・「歯、抜くんですかぁ( ̄□ ̄;)ガーン」と私。今まで一度も永久歯を抜いた事がないし、ましてここはイタリア。不安だったけど「他に良い方法ないですよ。」と言われ、「は・・・い・・・・。じゃぁぁぁ抜きますぅぅぅ・・・」と答える間もなく麻酔され、なんとものの10秒で私の奥歯はゴミ箱へ・・・。あとは薬も何もくれず「15分ぐらい止血したらジェラート食べてね。」と看護婦さんに言われた。「ジェラート???」。口の中を冷やして出血を防ぐのと痛みを和らげるために、イタリアでは歯を抜いた後は「ジェラート!!!」なんだそうです。
出血もほとんどなく、その晩ちょっと痛んだぐらいで傷の治りもすごく早かった。翌日には普通の食事してたぐらいです。
あとから聞いた話だとその歯医者さん、普段は歯を抜くより治療を勧める方だそうで・・・私の場合、よほど状況が悪かったんで抜いたんじゃないかと・・・。他にも小さい虫歯が見つかって、歯のクリーニングもしたいし・・・しばらく通うことになりそうです。
ただ怖いのは・・・・個人歯科での治療費は全部の治療が終わってから請求されるってこと・・・最後には一体いくらになるんだろ・・・恐ろしい・・・。
FC2カウンター
プロフィール

Kicca

管理人:Kicca

結構というか・・・L(・o・)」 かなり大人になってからイタリアに転居。
イタリア人の旦那とウンブリア州在住。身近に起きた楽しい事・面白い事などなど・・・私のイタリア~をお知らせしまーす。

カレンダー
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
イタリア時間と天気


にほんブログ村 海外生活ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
メールフォーム
Kiccaへのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。