<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかんだあったけど・・・無事、ビザ取得(^^)v!
先日、9/12(火)イタリア大使館にて無事にビザを受け取りました。ホッ(-。-)
現地についてから申請する「滞在許可証」。到着がビザ期間(2006/09/30~2007/09/29)より数日早くなってしまうので「申請は9/30以降になりますか?」と尋ねると「まぁ~本来はねぇ。でも、そこまでチェックされないでしょ。」・・・と大使館の方。ホントかぁ???とにかくビザはゲット致しました。
ミラノ行きアワードチケットとミラノ~ペルージャ間の国内線チケットの発券も完了。しかしこれで出発を待つだけ・・・といかないのです。
会社の任意継続していた健康保険の退会手続き
生命保険の解約
車の売却と自動車保険の解約
電話会社の利用休止手続き
携帯電話の利用休止手続き
住民票の海外転出届け
確定申告の納税管理人の届出
年金の手続き
郵便の転送届け
その他諸々・・・向こうで直ぐに必要になると思われる書類のコピーをとったり写真を用意したり、現地のアパートの大家さんとのやりとりやPCの設定等々・・・・・・そして荷造りと送別会に追われる毎日です(;-_-) =3 フゥ
幸い弟夫婦や友人達に助けられどうにかこうにか少しずつこなしています。

出発まであと2週間弱となっちゃったぁ(◎_◎;)
スポンサーサイト
大使館から電話と渡航日決定!!!
金曜日9/1の昼過ぎに大使館から電話がありました。ま、まさか何か問題でも???
「ビザが発行されましたのでいつでも取りに来てください。」とのこと。あーーーー、ヨカッタ\(^o^)/
それにしても、大使館からこんな親切な電話が来るとは・・・・。聞いていたのとはまったく違うんだよねぇ。
自分で電話して聞くしかない!とビザ関係の掲示板での情報。ラッキー!(^^♪でした。

ちなみにチケットのその後。
9/30に空席が出たという連絡は未だなく、ミラノ~ペルージャ間の国内線を自分で予約しなければならないし・・・。それに値段が安いだけあってキャンセルや変更は不可との事。そこで出発は今取れているチケットの9/27(水)に決めました。
国内線のチケットもネットで予約完了。出発する日の同日、夜9時30分頃ペルージャに到着する予定です。
あ~~~もう、一ヶ月きってるのねぇ。来月の今頃はイタリアにいるのかと思うと・・・・いまだに「ほんとに行くの?」って感じです。
ビザ申請に行ってきました!
先週、イタリア留学掲示板等々でよく名前を見かける保険会社「ゼネラリ」に電話して一年間の保険に加入。申し込みはイタリア滞在中にネットで済ませておいたので、保険料をインターネットバンキングを使って振込んだ。10%割引を受けるために本来は「入学許可証」を送付するのだが・・・電話に出たゼネラリの方は「後でいいですよ」と言ってくれた。通常「加入証明」が届くまで一週間前後かかるところ、「大至急、書類が必要なんですが・・・」と相談すると、「今日作成して明日速達で送りますよ。」とすばらしく感じがいい。
なんと電話した翌日に、速達で「イタリア語版 加入証明書 3部」が届いた!ゼネラリさん、ありがとう!

これでビザ申請に必要な書類は全部そろったし、コピーもとったし、申請書も書いて写真も貼ったし・・・・・。「じゃあ、明日、行っちゃうか。」と言うことで、先週金曜日にイタリア大使館に行ってきました。
留学掲示板で「長蛇の列」とか「一日かかるつもりで行くべし」とか聞いていたので現地8:30am到着(受付は9:30am~)を目標に・・・・・・そして、みごとに寝坊した・・・。ありがたいことに友人が同行してくれる事になっていたので予定通りに到着した彼女が順番待ちしてくれました。それも一番乗り!他に2名申請と受け取りで来ていました。
9:30amになっても門は開かず、インターフォンで「ビザの申請に来ました。」と告げると門のロックが解除され中に。受付のようなところでノート(病院に面会に行った時みたいな)に名前とパスポートno.を書き、空港のセキュリティチェックと同様のゲートを通過して「申請窓口」へ。窓口には男性、女性二名職員がいて二箇所開いていました。私は奥の男性職員の窓口へ。
書類を全部提出し、申請書の記入がよく分からず空欄にしておいた所を埋め・・・・・・・どう?OK?
問題は例の「住居証明書」。念のため、職員さんに聞いてみた。
「ベルガモでもOKですか?」
「ちょっと遠すぎるねぇ。ペルージャまで通えないでしょ。」(はい、その通り。電車で5時間ですから・・・)
「スポレートなら大丈夫ですよね?」
「ああ、それならいいんじゃないですか。」 (いい感じかも・・・・・・。)

「(友人のIDのコピーを指して)ああ、この人イタリア人?」 (IDにイタリア人って書いてあるでしょ?)
「そうですけど・・・・・」
「あのね、証明の文面にいつまで滞在していいのか、期間の記載がないんだよね。あとで(大使館の)上司が電話して書類追加になるかもしれません・・・・・うーん、やっぱりこの人に期間に関して書いてもらって、それを私宛にFAXして下さい。」
「はぁ、わかりました・・・・・」 (やっぱり、すんなり行かないもんだ・・・トホホ)

一度、あきらめて窓口を離れ友人が書いてくれた「住居証明」の文面を読み返す。
「“・・・・・・La presente viene pertanto formulata ai fini del rilascio del visto.” これって“ビザによって許可されたイタリア滞在期間中の(この住所での)滞在を彼女(私)に提供します。”って意味じゃないの?」
彼女が書類を書いてくれた時、期間をどうするのか話したっけ。具体的な期間は私も分からなかったのでわざと抽象的に書いてもらったんです。
英語学習の間に「一度断られても2度、3度のダメ押しは当たり前!」が身についている私。次の人が終わるのを待って、再び窓口へ。

「あの・・・この文章って期間のことを言ってると思うんですけど・・・ビザが認める滞在期間中って・・・・」
「はぁ、ちょっとまってね・・・・・ああ、そうですね。OKです。FAXは結構ですから。えーっと出発は9/30ですから9月の中旬にビザの受け取りに来てください。」 (中旬って一体何日?)

はい!これで申請終了です。
聞くところによると口頭で言われた受け取りの日付より大抵相当早くビザは発行されているらしいです。
なかには申請した翌日には発行されていたりとか・・・・・・。来週、大使館に一度電話してみようと思います。

スタンプのみだった以前のビザ(苦労して取得したのにこれだけ?って感じだったらしい)と違って、写真入の結構立派なものがパスポートにプリントされています。続きは後日・・・・・。
イタリアの住居証明書
はいはい、イタリアから帰国して早くも4日が経ちました。
前回“大事件”と言っていた「住居証明書」。ペルージャ滞在中にNYに戻っているペネロペに電話して証明書の作成と署名、彼女の身分証明書のコピーを頼んだらすぐに日本に送ってくれました・・・・・がここで問題が・・・。彼女のイタリアの住所はベルガモでペルージャまで列車で5時間はかかるんです。大使館に問い合わせたら「ちょっと遠すぎるので認めるのは難しい。」との事。
・・・・・が、実は事情を知ったスポレートの友人が同様の書類を用意してくれて、私が日本に帰国する日に持たせてくれていたのです。ペルージャ~スポレート間は一時間弱。大使館の人も「それならOK。」と言ってました。
帰ってきてからバタバタと最終の書類準備をし、本日完了しました。
明日、イタリア大使館にいざ出陣!
ここでも他の友人が大使館で働いている方を紹介してくれたので・・・・・スンナリ受理!となる事を祈るのみです。

以下は申請に必要な書類です。

※すべての書類はイタリア語もしくは英語で記載されたもの
1)ビザ申請書(パスポートサイズ写真添付) オリジナル(1)
2)大学からの入学許可書 オリジナル(1) コピー(1)
3)授業料払込み領収書 オリジナル(1) コピー(1)
4)海外保険証書(ビザ申請期間をカバーするもの) オリジナル(1) 
5)銀行残高証明書(一ヶ月以内のもの) オリジナル(1)
6)住居証明書(証明者のIDコピー添付) オリジナル(1) 
7)パスポート原本及び顔写真ページのコピー
8)住民票(一ヶ月以内のもの) オリジナル(1)

夕方から大学時代の同級生と「送別会 in 渋谷」です。
久しぶりに皆なに会えるのたのしみだなぁ~。

事件発生 in Perugia
ははぁ~ペルジャから更新2度目です。
10月から住めるアパートはとりあえず決まり手付けみたいなもの(50EUR)も払ってほっとしたのもつかの間・・・・・・。
昨日、事件発生。インターネットカフェにて友人にメールした後、何気なくネットサーフィンしていて、よく行くイタリア留学情報サイトで、ここ一ヶ月ぐらいの間にビザ申請書類が追加されたとの新情報。
まじか。。。。まじらしい。。。。。。何でもイタリアでの住居を証明する書類が必須になったみたいだ。
アパートの大家さんからの「ウチのこの住所(アパートの所在地)をこの人に提供します。」という証明と署名、さらに大家さんのイタリアの住民登録カードのコピーが必要と分かり、今日、大家さんに電話して見た。・・・が、バカンスに出かけていて来週明けまでペルージャに戻らないとの事。私は今週末、土曜日にイタリアを出てしまうので・・・・・どうするんだよ??????
金曜日にスポレートの友人の所に出かけて翌日、土曜日に車でペルージャ空港まで送ってもらうことになったので、相談して見るか・・・・・。なんでもネットの情報によると住居証明書の住所はペルージャ(私の場合)でなくても良いらしい。スポレートの友人がだめならミラノに住所のあるペネロペに頼むか・・・・・・・・。
証明を書いてもらうだけならまだしも、住民登録証のコピーまで頼まなきゃならないのは気が引けるんだよなぁ。ペネロペならいいんだけど、なんせ彼女、今、NYです。

どうなるんだか・・・・・・。後日、ご報告します。
只今、イタリア ペルージャにてアパート探し中
いやぁ~~随分と更新をサボったまま・・・7/20に日本を出て只今、イタリア12日目。先週末からここペルージャに滞在してま~す。
ミラノの友人(ペネロペちゃん)宅に滞在後、南イタリアのフォルミアというバカンスの町(村???)に彼女の友人達を訪ねに行きました。
「もう日焼けはしないぞ!」と心に決めていたものの・・・・・太陽の下に出ない奴は「何しにきたの、この人?」って視線が・・・・・。
まてしや日本人だし・・・。(アジア人は一人も見かけなかったよぉ)・・・・・・・・・結局、たった一日で(と言っても12時間もビーチに居ればねえ)真っ黒クロスケです。
週末をビーチで過ごした後、ペネロペのビザの件でアメリカ領事館のあるナポリへ。滞在はカゼルタと言う小さい町。
どこに行っても彼女の友人達はとっても良くしてくれました。まぁ、友達だけでなく知り合えばもれなく家族がついてくる・・・兄弟・両親・従兄弟・おじさん・おばさん・・・もう誰が誰だかわかんない。名前なんて全部覚えられないよぉ~。初めの1週間で30人は下らない人達を紹介されて頭は爆発しそうです。それにイタリア語だし・・・。
そしてそして・・・先週末にここペルジャにたどり着きました。荷物を部屋に置いてすぐにバスでペルージャ駅へ。列車に乗り1時間弱・・・スポレートに到着。
ここでもまたまた友人家族が持つアパートにお泊りして週末を過ごしました。南イタリアでは毎晩飲み、なんだか忙しい日々だったけど大好きなウンブリアに着いてやっとほっとした気分。今週月曜日からイタリア語の学校に行ってます。
そして最大の目的===アパート探しです。
現在のところ2件見てきたけど・・・高い!一ヶ月600EUR(約9万円)。1件は3階で現在改装中。広さも十分でなんといってもすっごく景色がいいんだよねぇ。それに大学まで5分!しかし予算オーバー・・・・・。すごく気に入ったんだけど無職の学生生活にはどうかと・・・・でもこの物件なら家賃はお得みたい。大学まで20分以上は坂を上り続けなければならない場所の一階の部屋でも同じぐらいの家賃だったから。
シェアーアパートじゃなくて家具・洗濯機等々が付いているモノロカーレ(ワンルーム)かビロカーレ(2部屋)、郊外は不便だし危ないのでチェントロ(中心街)で見つけようと頑張ってます。
昨日はスーパーマーケットでまだ英語しか話せないトルコ人学生2人とあって、買い物を手伝っているうちにアパートの話になり「ウチの大家さん借り手を捜してるから聞いてみたら?」と大家さんの連絡先教えてくれました。同じく昨日、夕食をとったピッツェリアの70歳ぐらいのご夫婦オーナーと話しているうちに「10月からどこに住むの?部屋決まってるの?」と聞かれ「今、探してるんですけど高くって・・・」といったら「ウチの娘がアパートやってるんだけど見に来てみる?600EURじゃ高いわよ」・・・と言うことで、この後行ってきます。
ここペルージャは学生の街でインターネットカフェも見つけやすいので、滞在中にまた更新できるといいなぁ。

とにもかくにも、友人たちにお世話になりっぱなしで・・・・・ホントに感謝!感謝!です。
今週末、金曜日から週末は再びスポレートで過ごします!
イタリア語上達してるんだろうか・・・・・???
それじゃぁ、アパート探しに行ってきまぁ~す。
ハローワークで就職活動
先週、ハローワークで3ヶ月待機期間中、3回必要な就職活動の第二回目に出かけてきました。
前回はコンピューターを使って求人票を検索後、選んだ求人票を持って就職相談でしたが、今回は就職アドバイザーさんに就職活動のアドバイスを受けてきました。
総合窓口で「初めての転職なので右も左もわからないんですが・・・」と言ってアドバイザーさんにまわしてもらいます。予約が入っている事が多く、初回だったので結構待たされました。(40分ぐらい)
今までの職歴や所持している資格、どんな職種が自分の能力を生かせそうかなどなどカウンセリングの後、検索機を使って実際に求人票を見てみます。選んだ求人票の表記の見方やどんな項目に注意して選ぶのかなどをアドバイスしてくれます。2ヶ月間は週に1回~2週に1回、同じ就職アドバイザーさんと相談していけるようです。2回目以降は予約制でアドバイザーさんの空いている自分の都合が良い日と時間を予約します。この相談1回で就職活動1回と見なされるので、私の場合、あと次の相談日に3回目の就職活動が終わります。ちなみに来週を予約してきました。
ほかに支所ごとに就職支援セミナーを実施していて、大抵午前()10:00~12:00)が講習、午後(13:00~15:30)が演習で、受講すれば、それぞれ1回の就職活動と見なされます。各講座とも定員が20~25名なので総合受付で早めに予約した方がよさそう。今月中の講座はすでに全て定員になっていました。また、認定日当日と申し込みたい講座が重なった場合。講座終了後に失業認定の書類を持って窓口に行き、講座に出席していたため認定時間に来れなかった旨を伝えればOKだそうです。
実際に自分でやってみないと分からないことだらけ・・・・。
そそ、海外留学は期間延長対象(失業保険受給期間延長)には該当しないようで、私の場合満期150日のうち、たった72日分の失業保険しか受け取れません。トホホ・・・・(;_;) グスングスン
ペルージャ外国人大学パンフレット
先週、ペルージャ外国人大学のパンフレット(写真)が送られてきました。
メールで請求してから一週間で届くなんてホントにイタリアから送られてきたの???と思ってしまった。
対応の遅さでは定評のイタリアにしては信じられない程の迅速な対応。
やれば出来るんじゃん!!!
ちなみに資料請求のメールはイタ語で送ってみました。イタリア留学を考えてる人、もしココに遊びに来てたら参考にして下さい。(大学から届いた返信は青色)


Gentile Segreteria studenti dei corsi di lingua e cultura italiana
del'università per Stranieri di Perugia



Mi interessa la Vostra scuola e vorrei iniziare il corso a partire dal ottobre 2006 e studiare per 12mesi. Vi chiedo gentilmente di inviarmi il Vostro materiale informativo riguardante i corsi d'italiano presso la Vostra sucola.


Colgo l'occasione per porgerLe distinti saluti,
nome




--------------------------------------------------------------------------------

Gentile nome,

Ti ho appena inviato una brochure con tutte le informazioni riguardanti i nostri corsi di lingua e cultura italiana.

In caso dovessi avere dubbi o domande, non esitare a contattare il nostro ufficio accoglienza.

Distinti Saluti



Carlo Travaglini
Ufficio Accoglienza Studenti


--------------------------------------------------------------------------------

そして先週はイタリア人の友人からも手紙が届きました。
最近はメールばかりだけど郵便で手書きの手紙って言うのも結構嬉しいもんです。
しかしこれがこれが・・・なんで外国人のハンドライティングってこんなに乱れるわけ?
これってp?g? aとeとoなんか特に区別がつかない。
私的にイタリア人のは特にヒドイ!エミリアちゃんの手書き文字も結構きてたよなァ
3回読んで目がやっと慣れてきて、あとは貧しい文法の知識を駆使して「コレだろう」と
単語を割り出して手紙を書き写す始末です。
最近、イタ語学習はお休みぎみだったのでいい勉強になりました。C= (-。- ) フゥッ

ペル大パンフ

ハローワーク一段落
初めての認定日だった4/26にハローワークへ。10時15分~30分の間に失業認定窓口のトレイに書類を出して名前が呼ばれるまで待つ事20分。認定確認の印が押されたカードを受け取り終了。
初回認定は求職活動欄に前回出かけた2時間弱の「失業保険受給説明会」なるものが活動とみなされるので実際に仕事探しはしなくてもOK。自己都合で退職した私のような人は「待機期間」なるものが課せられ3ヶ月とちょっとの間は失業保険の支給はありません。
次回認定日の7/19までの間に3回以上の求職活動をして、個人カードに印を貰います。
「活動3回以上」というのは待機期間中だけで通常は次の認定日(1ヶ月後)までに2回以上です。
ハローワークのPCで求人票の検索や閲覧をしただけでは求職活動とみなされません。
これはいいかな?と思う求人票をプリントアウトして窓口に行き、求職相談をします。
求人票の会社に現在まで何人応募して何人採用されているとか、結果待ちの人が何人いるとか採用の枠はあと何人とか・・・色々教えてくれたり、実際に応募するならその場で会社に電話してくれてその旨、伝えてくれます。
相談で1回、紹介で1回、応募で1回の活動とみなされます。もちろん相談だけ3回も有効です。
私は認定日にハローワークに行ったついでに求人票の検索と相談をしてカードに1回活動分の印をもらったので、次回認定日までにあと2つ印をもらわなければなりません。
5月中に2回済ませてしまおうと思ってるんだけど・・・どうなるんだか???
初めてのハローワーク
先週4/5(水)に離職票を旧職場に取りに行き(郵送を待っていると4/10以降になってしまうので)翌4/6(木)にハローワークに初めて出掛けてきました。
混んでいるって聞いていたけど、そんなに長時間待たされたわけでもなく手続きはスムーズに終了。
次回は手続き後7日間の待機期間後になる4/13(木)に説明会とやらに出掛けます。
説明の冊子を読んでも言いまわしがまどろっこしく・・・よくわからん???
どっちにしろ失業手当が手元に届くのは7月初旬~中旬になると思います。
これって・・・さんざん雇用保険払ってきて、いざ辞めたら失業保険貰えるまで4ヶ月も待たされる。なんだか不条理な気がして仕方ない。転職を繰り返す人が多いからなのか・・・・・勤続年数も考慮して欲しいよな・・・ちゃんと雇用保険払い続けてきたんだからさ!
色々噂に聞いていたハローワークだけど、初回の印象はとても親切でした。
本人、退職したと言うより休暇でも取っているような気がしていて・・・まだ失業者としての自覚がないせいなのか・・・???
FC2カウンター
プロフィール

Kicca

管理人:Kicca

結構というか・・・L(・o・)」 かなり大人になってからイタリアに転居。
イタリア人の旦那とウンブリア州在住。身近に起きた楽しい事・面白い事などなど・・・私のイタリア~をお知らせしまーす。

カレンダー
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
イタリア時間と天気


にほんブログ村 海外生活ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
メールフォーム
Kiccaへのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。