<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 今年のオリーブオイル 
ここ2、3週間、雨ばかりのすっきりしないお天気続きのスポレート。
先週は2度、雪がちらついたりして向こうに見える山も白くなっていました。

収穫したオリーブから採れたオリーブオイルが届きました。
IMG_3800.jpg 
今年の収穫は全部でなんと約800キロ!
そのうちの14%ぐらいがオイルになるそうです。
ピエトロに「オリーブの搾油所(フラントイオ)に連れて行ってぇ~」と頼んでみたら
「OK!OK!」と二つ返事。やったぁ~d=(^o^)=b イエイ
前もって「今度、日本人の義理の姉さん連れてきていい?」と聞いておいてくれたそうで
ちょうどベルガモから日本人の知人の方が4日間ほど遊びに来ていたので
その方も一緒にお出かけして楽しんできました。

ここは、ピエトロのお舅さんレナートが毎年収穫したオリーブを持ち込んでいた
お付き合いの長~いフラントイオです。

まずは2階に上がって・・・
オリーブを計量。グレーの部分が計りになっています。
作業所の外から機械で直接2階に。
IMG_3878.jpg 

計量が済んだオリーブがいっぱい~。
オーナーのお嬢さんジュリアが「昨日はこの3倍あったのよ」と言っていました。
IMG_3876.jpg  

IMG_3872.jpg

ここからが搾油作業。機械にオリーブを投入!
まずは、葉や枝を風力で吹き飛ばして除去します。
IMG_3847.jpg  

IMG_3884.jpg
 
次は洗浄。流水の中をゴロゴロ~。
IMG_3852.jpg  

IMG_3848.jpg

IMG_3851.jpg  

上から見たところ。
IMG_3871.jpg

きれいになったオリーブちゃん。次は粉砕機でペーストに近い状態まで磨り潰されます。IMG_3864.jpg  

IMG_3865.jpg 


そして、遠心分離機でオイル・水分・搾りかすに分けられた後
オイルは、ろ過機にかけられます。
(写真は遠心分離機で抽出したオイルをろ過機に移している所。)
IMG_3870.jpg   
 
IMG_3887.jpg

そして完成!
IMG_3841.jpg   

IMG_3889.jpg

オーナーの娘さんジュリア。(彼は・・・息子さんバイト?お兄ちゃん?訪ね忘れた・・m(_ _)m )
オリーブの持ち込みなしでオイルだけも購入する事ができます!
5リットルで20~25ユーロだったかな・・・(スイマセン、確認しときます。)
コピー ~ IMG_3880


フラントイオの仕事は、オリーブの収穫が始まる10月ぐらいから年末まで。
収穫したオリーブは出来るだけ早く処理した方がいいオイルが採れるから
この期間、土曜も日曜も朝早くから夜中まで作業するそうです。
作業場にはこんな絵が・・・昔々のフラントイオの様子です。
IMG_3892.jpg 

コレを見た後、「今の機械を使わずにやっているフラントイオってこの辺にあるの?」と聞いたら
「確か、高校の同級生の家がやってるフラントイオがそうだったかも・・・」とピエトロ。
「見に行ってみようか?」と直ぐに連絡を取ってくれて
この後、甥っ子2人を連れてフラントイオのはしご~しました。

続く!

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

イタリアの魚屋さん
秋のような涼しさから少し夏らしい日が戻って来ている今週のスポレートです。

スポレートのあるペルージャ県は内陸に位置する海なし県。
お店に新鮮なお魚が並ぶのは火曜日と木曜日。
最近は金曜日にも「今朝、届いたよ」なんてこともありますが・・・。
ローマやミラノ、フィレンツェなどの大きい都市では
毎日、新鮮なお魚が出回ってるんだろうなぁ。
ウラヤマシイ(・ε・)プップクプー

それでも魚好きな我が家では最低でも週2回は魚料理を食べてます。
家の直ぐ近くの魚屋さんのお姉さんと仲良くしてたのに
色々な事情でお店を手放してしまいました・・・(T_T)
他にも2件程、スポレートに魚屋さんがあるので
今はそちらに行ってます。

タコやイカも色々な種類があって、それぞれ調理時間も違ったりするので修行中!
下の方に居るのは鯖。真ん中の赤い魚はオコゼ。
IMG_3361.jpg

舌平目やアンコウも良く食べます。
真ん中辺りに写ってるのは、サーモン。右側に居るのはスズキです。
ひっくり返ったオコゼの顔、昼寝中のマンマに似てるような・・・
(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ
IMG_3362.jpg

イタリアンでは有名すぎる手長海老。
IMG_3363.jpg

こっちではムール貝が激安です。
アサリの方がお高い!
左側の緑色、「海草」です。
食べてみましたがエグイのと塩抜きしないとちょっと・・・。
魚屋さんは「このまま!このまま!」なんていってたけど、食べ方があるのかな?
IMG_3364.jpg


魚大国の日本人にとっては、新鮮かどうかを見分けるのはそんなに難しくないので
イカ・エビあたりは「これは、いけるかな・・・」と言う時には
パクッと生でつまんだり・・・ただ、やっぱり勇気がいりますです。
昨日は我が家の人気メニュー「マグロのステーキ」にしました。
お醤油・酒・みりんとニンニク・ショウガでたれを作って
焼き加減は超レア。
(ちょっと焼きすぎるとマルコは(T0T)\(^-^;) ヨリヨシ )
アンティパストには「ホタテ貝の網焼き」をお醤油で!

ラディスポリではチビたちもいて、家ごはんだったので
生魚にはお目にかかれず・・・。
日本食で恋しいものベスト1
「お刺身」・・・食べたい・・・。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

来週末は海へGO!
今日は数週間振りに過ごしやすくて、さわやかな夏日のスポレートです。
来週末は海がすぐそこ!ラディスポリの友人家族の所で過ごす予定です。
週末だけだけど、楽しんで来ま~す!

ところで、イタリアの夏は、スイカ・メロン・桃 etc. 色々な果物が美味しい季節。
お店で売っている物も、もちろん美味しいんですが
ピエトロ家から届く、あんず・イチジク・プルーンは絶品!
甘味も酸味もいい具合でなんて言うか・・・味がしっかりしてるんだな。

あんずの木。
今年初めて実をつけました。こんなにいっぱい!
IMG_3401.jpg

IMG_3406.jpg

そして、暑さが和らぐと同時に顔をのぞかせるのが・・・食欲!
ダイエットでちょこっと減った体重を言い訳に
今日のお昼はちょっとヘビーでこんな感じでした。

「うずら」のグリル焼き。
近所のスーパーでもあまり見かけないんだけど昨日、たまたま発見!
ざるうどんで食べたかった「うずらの卵」は見つからず。

塩とスパイス類をまぶしただけのシンプルなグリルです。
この季節、オーブンを使うと家の中の温度が上がってしまうので電気グリルで。
ノンナが使っていたものなので古い型だけど全然OKです。
IMG_3447.jpg   

おかしいんだけど、未だに鳩は精神的に・・・チョット苦手。
「うずら」の煮込み料理もこちらでは定番なんだそうです。
次回はマンマに教わってトライしたいな。
IMG_3450.jpg

プリモはニンジンとパンチェッタのクリームソースパスタ。
パルミジャーノチーズとイタリアンパセリをのせました!
IMG_3453.jpg    IMG_3451.jpg

パスタの量には注意しつつも「食べすぎ注意!」
でも美味しいんだなぁ~。

 


テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

エノテカ 「Il Mio Vinaio」
土曜日の夜に友人達とスポレート市街をフラフラと散策。
お店のショーウィンドーを眺めたり
外に出ているレストランのメニューをのぞき込んだりして
目的もなくブラブラするのがイタリア流。
ドゥオモ近くの広場で友人の一人がお店の前で
「ココ、結構美味しいよ。」・・・と。
たしかに屋外のテーブルスペースは、お客さんでいっぱい!
食事は大抵、チェントロからちょっと外れたあたりへ出かける私たち・・・。
旅行客仕様のお店?なんじゃないの~と疑いの目。
・・・で、どうかなぁ~と言いながら
日曜日にお昼食べに行って来ました。
お店の名前は「IL Mio Vinaio」。
リストランテでもオステリアでもなく
「エノテカ」!(ワインの試飲販売店、食事も出来たりします。)
店内は・・・ワインでいっぱいです。
IMG_3196.jpg

お料理の種類はスープやサラダ、定番のパスタなどなどと少なめですが
麦とポルチーニ茸やウンブリア産のチョッとつぶれた形のヒヨコマメのスープ
・・・などなど、日本人向けでホッとするお味でした。
パンも付いてくるので、スープだけでも結構な満腹感!
アンティパストの生ハムやサラミ、チーズの盛り合わせは激ウマでした。
お値段も控え目です。
(お料理の写真・・・なしでごめんなさい!)
IMG_3198.jpg 


IMG_3197.jpg

ワインはグラスで注文OK!色々味見できます。
今回は、コチラと・・・    

IMG_3208.jpg
 

写真、右と中の3種類をグラスで頂きました。
左側のは・・・ボトル1本66€。お高い!
IMG_3207.jpg

偏見はいけませんねぇ~。週末は時間があったらまたスポレートで美味しいお店探索にでかけてみます。 


小豆と栗のパウンドケーキ
昨日の日曜日は「聖マルコの日」。
イタリアでで聖人の名前を持つ人はこの聖人の日が第二の誕生日ってとこでしょうか。
派手にお祝いはしないものの家族でちょっと食事会なんかはします。
(何もなくてもちょくちょく食事会はやってるんだけど・・・)
それでピエトロ家でお昼をご馳走になりました。

そこで去年の秋に栗拾いに行った話しになり・・・
「そそ、甘露煮にしといたんだっけ!」と帰ってきてから
小豆の缶詰(日本から)とその栗の甘露煮でパウンドケーキを作りました。

cibi

最近、オーブンの調子が悪くて修理してもらったばかり。
焼けむらがひどくなってたんだけど・・・
修理の効果あったみたいです!

生地は小麦粉と米粉を半々にしたので
冷蔵庫で冷やしてから食べたら
食感が和菓子っぽくて美味しかった!
次はもっと小豆タップリで挑戦するぞー!


cibi


cibi





春野菜 Agretti(アグレッティ)
イタリアの春の味覚
ウンブリアで美味しいのは自生のアスパラ。
すでに何度か写真付きで紹介しているので・・・。

今回はAgretti(アグレッティ)
スーパーでも簡単に新鮮なものが3~4€/㎏で見つかります。
一束で250gぐらいかな。ウチはいつも2束買ってます。

cibi

調理方法は・・・塩を少し入れた熱湯で茹でるだけ!
その前に・・・
ヒゲみたいに出た部分(ガクかな?)の少し上を片方の手の指先で摘んで
葉が分かれ出しているあたりを、もう片方の手の指で摘み左右に引っ張ります。
そうすると「プチッ」と音がして根の部分が綺麗に取れるんです。
マンマ師匠のやり方です。まとめてザクッと包丁で切る人もいるのかな?
cibi

すぐに茹で上がります。
水気を切ったら、塩・オリーブオイル・レモン汁で味付。
IMG_2961.jpg

食感がヒジキに似てる気がしないでもない???
サラダ代わりに一皿一人で完食する時も
だって~ホントに美味しいんです。

春は美味しい野菜満載のウンブリア。
日本の友達はお盆か年末にしか遊びに来れないからホントに残念。
みんなぁ~定年したらゆっくり遊びに来てよねぇ~
┌( ^-^)ノ  \(^-^ )


パスクワの次はパスクェッタ
最近・・・ますます時間が過ぎるのが早い!
歳のせい?いやいや・・・じゃ何のせいだろ???
先週のパスクワからもう一週間が過ぎちゃった。

パスクワ翌日はパスクェッタと呼ばれる祭日。
今年は、昼食⇒⇒⇒ピエトロ家、夕食⇒⇒⇒ビッツアレストランで友人一家と
・・・の予定でしたが、マルコと私の胃腸は昼食を終えた時点で

ギブアップ(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄)) いいえ

だって実はパスクワ前日の土曜日も・・・
午後、ミラノから帰省していた友人のところでちょっとしたフェスタ
夜には別の友人宅で、3家族集まってので夕食会。

~と、結末はピッツアレストランはキャンセル。
ホッと胸をなでおろしたKiccaおばさんなのでした。

イタリアでの食事はこの様に・・・
時には拷問と化すのです
( --)/~~~~~~ \(>_<)/ ピシー

ピエトロ家でのメニューはコチラ!

cibi




キノコとトリュフのパスタ
キノコもトリュフも山で採ったもの
パスタもアガタ(嫁のマンマ)のお手製です。




cibi


ポルチーニ茸のロースト
もちろん、これも山から!


cibi
嫁のお母さんが「ウサギのポルケッタ風」を用意するって聞いていたので
「写真、ゲットだぁ!!」と気合を入れていたのですが・・・

私が「ウサギ」、あんまり得意でないという事で
「サルチッチャと豚あばらのロースト」に変更になってました。ちょっと残念・・・。


cibi
デザートのケーキはパスクワにちなんで羊の形。
リコッタチーズのクリームでした。

これですから・・・。
ダイエットよ(; _ ;)/~~バイバイ
食の秋?いやいや春ですぅ(*^0^) =3 ゲップ
今日は一日、雨の日曜日。そしてイタリアではクリスマスに続いて大きな年中行事、
パスクワ(イースター)でした。

パスクワには伝統的な朝食を頂きます( ^o^)( ^-^) パクッ
我が家でも例年通りに準備。

IMG_2912.jpg
時計回りに・・・・・

カポコッロ(豚の首あたり部分の生ハム)

サラミ

ゆで卵

ピッツア アル フォルマッジョ(チーズ味のパン)

それと写真には写ってませんが、赤ワイン。


そして昼食。
パスクワには家族はもちろん親戚一同集まっての「大昼食会」が普通。
我が家もピエトロ家からお呼ばれしてたんだけど
マルコの「親戚(それもピエトロの嫁の)大勢(それもほとんどが年寄り)で面倒くさいな・・・」の一言で回避。
今年はマンマと3人、家でパスクワお決まりの「子羊のロースト」を用意しました。

IMG_2906.jpg 

前回のレバーに続いて・・・少々グロですが・・・調理前のです。

子羊一匹をパカっと二つに切ってあるので、頭も尻尾もありますです。

シンプルに塩・オリーブオイル・ローズマリーでオーブン焼きに。


IMG_2915.jpg出来は上々!\(^0^)/

ただ・・・私は羊が大の苦手・・・。
あの独特なにおいが・・・だめです。

マンマの幼馴染、お肉屋さんのラウロは「まだミルクを飲んでる子羊だから全然匂いはないよ。大丈夫!」と言ってたけど・・・・
におい・・ます。一口で降参m(_ _)m ゴメンナサイ


パスクワ、これで終わりじゃありません。
明日はパスクェッタで祝日。
お昼はピエトロ家で甥っ子達とお昼。
夜は帰省している友人一家(親も兄弟もその子ども達も)とピザ食べに行かねばなりません。

続く~。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。 


食べる! 食べる! 食べる!(*^0^) =3 ゲップ
夏時間と共に、スポレートはすっかり春の陽気。

昼間のお出かけは、薄手の上着で十分です。

動いているとその上着もいらないぐらいのポカポカ陽気です。

さてさて、この週末はいつもにも増して食べた~
(^~^)~^)~^)^~^)゛ ムシャムシャ

金曜日のカレーライスに始まって

土曜日は家で日本で言う「ラザーニャ」。

ソースはフレッシュアーティチョーク。

そして、「ポークステーキ」。

デザートにと作った「苺と生クリームのオムレット」を頂き・・・。

胃腸薬のお世話になりましたY(>_<、)Y

それからまた日曜日はピエトロ家のお昼にお呼ばれ。

偶然・・・「ラザーニャ」トマトソースのときのこソースのと・・・

それから「イノシシ肉の煮込み」。さらにデザートが・・・。

帰宅後、前日に引き続き胃薬。

こっちに来てから乳製品・肉類・炭水化物の摂取がすごいっす。

平日、買い物ぐらいでそうそう動かない。

週末はさらに動かない・・・イコール・・・

お分かりですよねぇ。

家事だけじゃ消費しきれてない摂取カロリー。

日本で着てた服・・・「キツイ」んじゃなく

もはや「入らない」って感じですか・・・。

そして、来週はパスクゥア(復活祭)。又、食べます・・・。


cibi 写真は「フェガティーニ」
(マンマの幼馴染のご夫婦がやっているお肉屋さんの自家製です)
豚レバーに内臓と内臓の間にある網状の脂肪を巻きつけてあります。
味付けはたっぷりの塩と胡椒。
冷たいビールと合いそうです。
オーブンで焼くと脂肪は溶けて見えなくなっちゃうので
ちょっとグロですが・・・調理前の写真です。
レモンのパスタ
少し前にオステリアで食べた「レモンのパスタ」。
パスタ自体は普通です。
「レモン」なのは、ソースです!
それも、細く切ったレモンの皮、塩とオリーブオイルだけ。
一見「ん?」な組み合わせとあまりの美味しさにびっくり\(@O@)/。
しっかりしたソースが多い中・・・サッパリスッキリなお味です。
(食べてしまいました・・写真なしです。ごめんm(_ _)m )

レモンの皮、白い部分は苦味があるので表面だけ上手に薄~く剥いて使ってね。

今日の昼御飯はこのパスタとイワシの南蛮漬けでございました。
FC2カウンター
プロフィール

Kicca

管理人:Kicca

結構というか・・・L(・o・)」 かなり大人になってからイタリアに転居。
イタリア人の旦那とウンブリア州在住。身近に起きた楽しい事・面白い事などなど・・・私のイタリア~をお知らせしまーす。

カレンダー
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
イタリア時間と天気


にほんブログ村 海外生活ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
メールフォーム
Kiccaへのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。